キーボード収納ケースを購入したのでレビューします【ARCHISS Keyboard Sleeve Small】

お気に入りのキーボードを持ち運びたいと思ったことはありませんか?

僕はKeychron K2を購入したあたりからノートPCについているキーボードでは満足できなくなってしまいました。

それからキーボードを持ち運びたくなりました。しかし、さすがにキーボードをケースなどに入れずそのままバッグに入れるはちょっと..って感じでした

そこで今回紹介するかなりキーボード収納ケースを購入しました。

それではレビューにいきましょう!

購入したケースはARCHISS Keyboard Sleeve Small

ARCHISS Keyboard Sleeve(アーキスキーボードスリーブ)はキーボードメーカーでもある株式会社アーキサイトが作ったケースです。

キーボードに興味がでてきて最近知ったのですが(笑)

開封

届いたときはこのようにビニールに包まれていました。

さっさと開封します。

スペック(サイズや重さなど)

このケースはサイズが小、中、大の3種類から選ぶことができます。

今回僕が購入したサイズは小です。

公開されている仕様は以下のとおりです。

仕様 詳細
参考収納サイズ(内寸) W340 × D38 × H120mm
外寸 W342 × D40 × H120mm
重さ 約130g
収納 メイン収納1、フロントポケット1

個人的に重要な要素は内寸だと思っています。
これについては後程話していきます。

細かく見てみる

外側

ナイロン生地で出来ています。ハードカバーではないのでかさばりにくいです。

メイン収納

キーボードを収納する内側は起毛生地になっており手触りが良く、キーボードを優しく保護してくれそうです。

前面ポケット

ケーブルなど小物を収納できるポケットがついている。

実際にキーボードを入れてみる

Keychron K2を入れてみます。

問題なく入りましたね!

キーボードのサイズが収納サイズ(内寸)より少し大きくても大丈夫

購入する前は参考収納サイズ(内寸)のH120mmよりKeychron K2は大きいので中サイズを購入するか悩みました。

中サイズはデカすぎる気がしたので小サイズを購入しましたが問題なかったですね。

内寸より1cmほど大きくても大丈夫そうです。

ちなみにKeychron K2のサイズはこのようになっています。

最近の私のメインキーボードのNiZも問題なく収納できました。

パームレストも一緒に入ります

しかし、さすがにこれはパンパンになってしまう(笑)
とりあえず入りはします。

まとめ

かなりシンプルで使い勝手のよい製品だと思います。

とくに多少キーボードが内寸より大きくても入るのが良かったです。

金額も1,800円とお手頃価格です。
大サイズでも2,000円。

終わり。