MacでFileZillaが開けない!?“FileZilla.app”を開くとコンピュータが破損します。ゴミ箱に入れる必要があります。と表示される

MacをCatalinaにアップデートしてFileZillaを開こうとしたら「“FileZilla.app”を開くとコンピュータが破損します。ゴミ箱に入れる必要があります。」「FileZilla」が予期しない理由で終了しました。」とウィンドウが出て開けない問題が起きました。
この記事ではその解決法を自分の備忘録としてのこします。

「“FileZilla.app”を開くとコンピュータが破損します。ゴミ箱に入れる必要があります。」「FileZilla」が予期しない理由で終了しました。」とウィンドウが出て開けない。

以下の画像のようなウィンドウが出て開けない。

FileZillaが開かない環境

まずは開かなかったFileZillaのバージョンとMacのバージョンは以下となります。

FileZilla

バージョン 3.35.1

Mac

macOS Catalina
バージョン 10.15.4

解決方法

解決方法についてですが、すごくシンプルでFileZillaをアップデートするだけです。
それではアップデートする手順をご紹介します。

FileZilla公式サイトから最新版をダウンロード

FileZilla公式サイトから最新版をダウンロードします。

下記の画像のように「Download FileZilla Client」→「Download」の順にクリックすると、ダウンロードが開始されます。

今回ダウンロードしたバージョンは4.48.1です。(2020年6月3日現在)

ダウンロードしたファイルを解凍

ダウンロードしたファイル:FileZilla_3.48.1_macosx-x86.app.tar.bz2

上記のファイルがダウンロードされてるはずなのでダブルクリックで解凍しましょう。

解凍するとFileZilla.appが出てきます。

古いFileZillaを上書き

解凍FileZilla.appで古いFileZillaを上書きしましょう。

これでバージョンアップ完了です!
あとは無事開くことができるか確認しましょう。

最後に

アップデート後にアプリが動かなくなるのはよくあることですね。それが急いでるときだったりするとすごく焦ります(笑)
しかし、大抵バージョンアップや再インストールで直ることが多いですね。