WordPressのエディターでMarkdown記法を可能にするプラグイン【WP Githuber MD – WordPress Markdown Editor】

普段からhtmlを触っている方にとってはWordPressでの記事投稿(特にビジュアルエディタ)ってすごく入力しづらくないですか? 僕もそう思っていて、でもhtmlは書きたくないし...かといってビジュアルエディタは使いたくない。 どうしたら快適に入力できるか考えた結果Markdownならいい感じにいけるんじゃないかと思い導入したところ大変快適になりました!

そんな方法をご紹介します!

この記事を読むにあたって必要な知識

  • htmlの知識が最低限ある方
  • Markdown記法の知識

Markdownについては以下の記事で紹介しています。

WordPressのエディターにMarkdownで入力する方法

結論から言うとこのプラグインをインストールするだけです(笑)

https://ja.wordpress.org/plugins/wp-githuber-md/

以下は使い方などを説明します。
インストールするプラグインさえわかればもういいよ!って方は読み飛ばしても大丈夫です!

管理画面からインストール

プラグイン名

WP Githuber MD – WordPress Markdown Editor

「markdown」で検索

インストールしたら有効化

エディター画面

プラグイン導入後エディターはこんな感じになってると思います。

左がMarkdown、右がプレビュー
個人的にこのUIが最高!

Markdownでなくても普通にhtmlを書いても大丈夫です。
閉じタグ程度なら補完してくれます。

カスタム投稿タイプや固定ページで使う場合

下記の手順で設定できます。

  1. プラグイン
  2. WP Githuber MD
  3. Markdownタブ
  4. Enableの右の有効化したいものにチェック

このプラグインを選んだ理由

Markdown導入のプラグインは

  • Markdown Editor
  • Jetpack

などいろいろありますが勝手にhtmlに変換されたり、UIがわるかったりと個人的にかゆいところに手が届かなかったから。
※設定で変えれるかもしれませんが...

このプラグインは特に設定せずとも使いやすく余計なことしないので選びました!

注意点

Advanced Custom Fieldsのwysiwygエディターには対応してません。
デフォルトのエディターを使いましょう。