Macで特定の範囲もしくは特定のウィンドウのスクリーンショットの撮り方

Macで画面内の特定の範囲もしくは特定のウィンドウのスクリーンショットを撮りたいと思ったことはありませんか?
この記事ではそのMacでのスクリーンショットの撮り方を紹介します。

Macで特定の範囲もしくは特定のウィンドウのスクリーンショットの撮り方

通常のスクリーンショットの撮り方含め3種類の方法をご紹介します。

通常の画面全体のスクリーンショット

「command」+「shift」+「3」

デュアルディスプレイなど複数画面がある場合は
その画面分スクリーンショットが作成されます。

画面の特定の範囲をスクリーンショット

  1. 「command」+「shift」+「4」を押す
  2. カーソルが十字のようなものに変わります
  3. 撮りたい場所をドラッグ

特定のウィンドウのスクリーンショット

  1. 「command」+「shift」+「4」を押す
  2. カーソルが十字のようなものに変わります
  3. スペースキーを押すとカーソルがカメラのアイコンに変わります
  4. 撮りたいウィンドウの上で左クリック

スクリーンショットした画像は影が入っています。
影入れたく無い場合は「option」を押しながらスクリーンショットして下さい。

影あり、なしのスクリーンショットサンプル

スクリーンショットの保存場所

撮ったスクリーンショットはデフォルトではデスクトップに保存されます。

保存場所を変更する方法

スクリーンショット(アプリケーション)で変更

※この方法はmacOS Mojave以降のみ対応です

アプリケーション → ユーティリティ → スクリーンショット

スクリーンショット(アプリケーション)のオプションから変更出来ます。

コマンドで変更

ターミナルから以下のコマンドで保存場所を変更出来ます。

defaults write com.apple.screencapture location <保存先のパス>

以下、変更コマンド例

//ピクチャに保存先を変更
defaults write com.apple.screencapture location /Users/name/Pictures

//デスクトップのスクリーンショットに保存先を変更
defaults write com.apple.screencapture location /Users/name/Desktop/スクリーンショット

最後に

Macのスクリーンショットについて以上です。
今回ご紹介した方法は3つですが細かいのを含めると他にもあります。しかし僕はこの3つだけで特に不便を感じてませんので3つだけ紹介しました。